半田市の証券・先物取引、デリバティブ問題

証券・先物取引・デリバティブ問題

近年、銀行や証券会社が、複雑な金融工学を駆使したデリバティブという金融商品を中小企業等に販売し、多額の損失を発生させるという、デリバティブ被害が多発しています。
また、大手銀行や証券会社が、個人に販売する投資信託にもハイリスクな商品が数多く販売されています。
販売の際に、顧客が説明を受けた上で十分に理解している場合であればよいのですが、金融商品の仕組みや危険性の説明が十分なされておらず、顧客が理解不足のまま購入させられているケースも多く見受けられます。また、年金暮らしの高齢者や投資の知識経験のない人に、いきなりハイリスク商品を契約させる等、そもそも投資をすべきでない人に金融商品を勧めているケースもあります。
他方、商品先物取引による客殺し商法や、高齢者をターゲットにした詐欺的な未公開株・いんちき社債商法の被害も後を絶ちません。
このページでは、これら金融商品取引、為替デリバティブ(通貨オプション)、商品先物取引、株式、投資信託などの金融商品取引被害についてご説明させて頂きます。

| デリバティブ被害とは何か?»

法律相談のご予約・お問い合わせ お問い合せフォームはこちら ・借金に関する相談 ・悪徳商法による被害 ・交通事故による被害 ・生活保護に関する相談 ・リブレネットに入会された方 の法律相談は無料で行なっております。

Copyright © 2011 弁護士法人リブレ All Rights Reserved.