争続にならないために

相続は誰も避けて通れません。親の相続、配偶者の相続、自分の相続と何度も遭遇することも。
しかし、ほとんどの方は、経験がないことです。

「自分や親の相続で争いたくない、遺言を作りたい」
「意見が分かれて遺産分割が思うように進まない」
「遺産分割協議書に押印を求められたが、納得できない」
「遺言書があったら、どうしようもないのか」

このようなとき、あなたが良かれと思ったことが、逆に無用の混乱や親族間の信頼関係を壊してしまうことがあります。遺言があれば大丈夫と思うかも知れませんが、トラブルになりやすい遺言書というのもあります。

相続手続についても、大変な時間と労力がかかります。まして、争いが起きた場合は、その労力と精神的負担は大変大きなものとなります。
話し合いの場で、感情的な対立が激しくなり、いわゆる「争族」と言う泥沼化することもあります。

そうならないためには、準備や対策が必要ですが、どういうときに、どういう争いになるのか知識がなければ話になりません。法律は調べれば判りますが、調停や裁判の実例を知らなければ、ほんとうに適切な対応や納得できる解決はできません。

やはり、専門家である弁護士にご相談いただくのが一番
代理人として交渉したり、調停や審判の代理は弁護士にしか認められていません。司法書士さんや税理士さんは、決まったことを処理することしかできません。

項目弁護士司法書士行政書士税理士
代理人として交渉×××
遺産分割の調停代理×××
遺産分割の審判代理×××
相続登記××
相続税申告×××

なお、税金関係、登記関係については、協力関係にある他士業の先生をご紹介することで円滑な処理や節税対策をお手伝いさせていただきます。

«相続とは | 相続人»

相続・遺言トップへ戻る

法律相談のご予約・お問い合わせ お問い合せフォームはこちら ・借金に関する相談 ・悪徳商法による被害 ・交通事故による被害 ・生活保護に関する相談 ・リブレネットに入会された方 の法律相談は無料で行なっております。

Copyright © 2011 弁護士法人リブレ All Rights Reserved.