相続とは

相続とは、亡くなった方の財産を、家族など法律で決められた関係者である相続人が受け継ぐことです。
相続については民法が定めています。法律の上では亡くなった人を「被相続人(ひそうぞくにん)」、財産を受け継ぐ人を「相続人」といいます。
そして被相続人から相続人に受け継がれる財産を「相続財産」「遺産」などと呼びます。
相続は、例外的な場合を除いて人(被相続人)の死亡により始まります。

«相続・遺言トップ | 争続にならないために»

相続・遺言トップへ戻る

法律相談のご予約・お問い合わせ お問い合せフォームはこちら ・借金に関する相談 ・悪徳商法による被害 ・交通事故による被害 ・生活保護に関する相談 ・リブレネットに入会された方 の法律相談は無料で行なっております。

Copyright © 2011 弁護士法人リブレ All Rights Reserved.