交通事故と法律

交通事故が起こった場合、以下の3種類の法律が関わることになります。

1 民事上の法律

交通事故によって被った損害につき、責任を負う者に対して、賠償を請求することになります。ただし、自身の過失に対応する部分については、相手方に賠償を請求することはできません。

2 刑事上の法律

人身事故を起こしてしまった場合には、自動車運転過失致死傷罪や、危険運転致死傷罪などの罪に該当する可能性があります。
また、交通法規に違反して事故が発生した場合には、別途、道路交通法違反の罪に問われることになります。
軽微な事故や違反であれば、裁判にかからずに終了することもありますが、重大な被害を生じさせた場合や、違反の程度が大きい場合には、懲役・禁固・罰金などの刑罰の対象になります。

3 行政上の法律

点数制度のもと、免許停止処分や、免許取消処分が下される可能性があります。

«交通事故トップ | 損害賠償の算定方法»

交通事故トップへ戻る

法律相談のご予約・お問い合わせ お問い合せフォームはこちら ・借金に関する相談 ・悪徳商法による被害 ・交通事故による被害 ・生活保護に関する相談 ・リブレネットに入会された方 の法律相談は無料で行なっております。

Copyright © 2011 弁護士法人リブレ All Rights Reserved.