その他、中小企業が関わる法律問題にはどのようなものがあるか?

その他、中小企業・事業者が関わる中小企業が関わる法律問題の種類としては、以下のようなものがあります。

  • 営業所が、第三者から不当な要求や理不尽なクレームを受けている。会社の代理人となって、対処して欲しい。
  • 関連企業が独占禁止法のカルテルにより摘発された。今後、自社にどのような影響があるか教えて欲しい。
  • インターネット上で会社の信用を低下させる内容の書き込みがあった。どう対処したらよいか教えて欲しい。
  • 社員が業務中に交通事故を起こした。どう対処したらよいか教えてほしい。
  • 会社の代表取締役が亡くなった。事業の閉鎖や清算等適切な手段をとってほしい。
  • 社員が社内の機密情報を持ち出そうとしていることが判明した。阻止する手段をとってほしい。
  • 業者にしつこく勧誘され不要なデジタルフォンをリース契約してしまった。リース契約を止めることができるか相談したい。
  • 会社の売上が下がり、借金の支払いが困難となった。破産した方がよいのか相談したい。

これらの相談事例の中には、実際にご依頼頂いて解決に至ったものもあります。また、税務上の専門知識が必要な場合に、当事務所の顧問税理士と連携を取り合って、解決に至ったものもあります。
経営者として悩みは尽きず、誰に何を相談したらよいか分からない場合が多いと思います。そのような場合は、一度、当事務所の弁護士に、ご相談下さい。

«社員との間でトラブルがあるがどうしたらよいか?問題が起きる前のアドバイザー「顧問契約」「プチ顧問」»

法律相談のご予約・お問い合わせ お問い合せフォームはこちら ・借金に関する相談 ・悪徳商法による被害 ・交通事故による被害 ・生活保護に関する相談 ・リブレネットに入会された方 の法律相談は無料で行なっております。

Copyright © 2011 弁護士法人リブレ All Rights Reserved.