取引により被った損害について賠償を求めたいがどうしたらよいか?

取引による被害は、予測していなかった事故の発生、当事者同士のコミュニケーション不足や理解不足による行き違い、契約違反・契約不履行、詐欺行為などによって突然引き起こされます。
中小企業・事業者としては、まずは、被ってしまった損害による社業の影響を詳しく調査し、対処する必要があることでしょう。
しかし、他方で、その原因が、取引先等関係者の故意や過失による場合、損害賠償請求を行う必要があります。
その際、もちろん、当事者間で穏便に話がまとまることもありますが、話がこじれ、紛争化することも少なくありません。
弁護士は、中小企業・事業者の代理人として、取引先に対し損害賠償の交渉を行い、また、訴訟等法的手続を通じて現実的な損害回復のお手伝いを行うことができます。
その際、当事務所は、当該事故等の事実関係を整理し、十分に原因を把握し、迅速に損害回復のお手伝いを行うよう努めますので、どうぞご利用下さい。

«取引先が売掛金を支払ってくれないがどうしたらよいか?社員との間でトラブルがあるがどうしたらよいか?»

法律相談のご予約・お問い合わせ お問い合せフォームはこちら ・借金に関する相談 ・悪徳商法による被害 ・交通事故による被害 ・生活保護に関する相談 ・リブレネットに入会された方 の法律相談は無料で行なっております。

Copyright © 2011 弁護士法人リブレ All Rights Reserved.