取引先と契約したいが注意した方がよいことはあるか?

中小企業・事業者の場合、取引先と契約する場合、互いに、口頭で連絡の上、注文書、見積書、納品書等を作成し合って、契約に至るケースが多いと思います。
もちろんそれだけでも契約は十分に成立しますし、お互いの信頼関係が十分に構築されていれば何ら問題も起きないことでしょう。
しかし、継続的に複数の取引をする場合などには、どうしても、商品やサービスの内容、代金額や支払方法、納品の時期や方法、保証の有無等が不明確になりがちです。
そして、万が一、契約内容が不明確なまま、取引先と契約内容に関して食い違いが生じると、売掛金の回収に支障が生じ、場合によっては、訴訟を提起せざるを得なくなることも考えられます。
そのため、やはり、売買契約書や請負契約書等契約書の作成や改定を一度検討されることをおすすめします。特に、継続的に特定の取引先と取引を行っている場合には、そのメリットは大きいものでしょう。また、そうでなくても、御社がお使いの契約関係書類を一度見直してみてはいかがでしょうか。
当事務所では、上記のような契約書類の作成や改定に関する相談に応じています。

«中小企業・事業者の方へ法律文書には他にどのようなものがあるか?»

法律相談のご予約・お問い合わせ お問い合せフォームはこちら ・借金に関する相談 ・悪徳商法による被害 ・交通事故による被害 ・生活保護に関する相談 ・リブレネットに入会された方 の法律相談は無料で行なっております。

Copyright © 2011 弁護士法人リブレ All Rights Reserved.