名古屋 岡崎の不動産問題

建築・不動産・欠陥住宅問題

1 境界について争いがあるとき

自分が土地を所有していたり、新たに買おうとするときに、境界線がはっきりしなかったり、境界について他人と紛争になることがあります。境界線が目に見える形で表示されていない場合もありますし、紛争を解決しようにもどのような手順で行ってよいものかまったくわからないという場合も多いでしょう。

続きを読む »

2 自分の土地が占拠されている

知らない間に他人が自分の土地を占拠したり、使用したりしているということは珍しいことではありません。放置しておくと、時効により自分の土地が知らない間に他人の所有になってしまうということもあり得ます。登記をしておけば安心というわけにはいきません。

続きを読む »

3 アパート経営や大家としてトラブルにあっている

アパートや一軒家を賃貸するという事業には、トラブルがつきものです。家賃を支払ってくれない、滞納額が多額になってしまった、近所に迷惑をかけている・・・。専門家である弁護士に依頼することで、どのような効果が見込めるでしょうか。

続きを読む »

4 購入した住居に問題がある

居住用の不動産購入は、ふつうは人生で一番高い買い物です。その目的物に欠陥や不具合がある場合の経済的な負担や精神的な負担は、甚大なものになってしまいます。 弁護士に相談いただくことで、被害からの回復を図れる場合があります。

続きを読む »

1 境界について争いがあるとき»

法律相談のご予約・お問い合わせ お問い合せフォームはこちら ・借金に関する相談 ・悪徳商法による被害 ・交通事故による被害 ・生活保護に関する相談 ・リブレネットに入会された方 の法律相談は無料で行なっております。

Copyright © 2011 弁護士法人リブレ All Rights Reserved.