弁護士に何ができるか

6.冤罪を防ぐ

冤罪(えんざい)とは、無実である者が、犯罪者として扱われてしまうことをいいます。
犯人ではないのに、捜査機関から容疑をかけられ、逮捕勾留されることは、決して珍しいことではありません。また、長時間に及ぶ取調べ等の違法な捜査により、追い詰められた結果、虚偽の自白をしてしまうケースも散見されます。
ところが、このように違法な捜査により作成された供述調書であっても、後に裁判で覆すのは極めて困難です。
そのため、取調べの段階で、弁護士から適切なアドバイスを受け、虚偽の供述調書を作成されないよう、また、違法な捜査がなされないよう、防御をする必要があります。
早い段階で、弁護士に依頼することが、冤罪の防止につながります。

«5.身柄の早期解放 | 7.不起訴処分を目指す»

刑事事件トップへ戻る

法律相談のご予約・お問い合わせ お問い合せフォームはこちら ・借金に関する相談 ・悪徳商法による被害 ・交通事故による被害 ・生活保護に関する相談 ・リブレネットに入会された方 の法律相談は無料で行なっております。

Copyright © 2011 弁護士法人リブレ All Rights Reserved.