弁護士に何ができるか

4.捜査機関との交渉

警察や検察官と折衝し、捜査状況・方針等の情報を入手して被疑者やご家族に伝えたり、弁護士が把握している情報を元に、捜査機関に意見をして、身柄の早期解放を目指したり、不当な逮捕や身柄拘束を阻止します。
また、不当な勾留決定等に対しては、準抗告という手続きによって不服を申し立てることもあります。

«3.被害者との示談交渉 | 5.身柄の早期解放 »

刑事事件トップへ戻る

法律相談のご予約・お問い合わせ お問い合せフォームはこちら ・借金に関する相談 ・悪徳商法による被害 ・交通事故による被害 ・生活保護に関する相談 ・リブレネットに入会された方 の法律相談は無料で行なっております。

Copyright © 2011 弁護士法人リブレ All Rights Reserved.