MENU

罪名別ご案内 5.暴力事件

殺人

1 法定刑

死刑又は無期若しくは五年以上の懲役(刑法199条)

2 どのような罪か?

説明するまでもなく人を殺してしまった場合に問われる罪です。
もっとも、例えば、ナイフを胸に刺したような場合であっても、殺意がなければ殺人罪は適用されません。誤って刺してしまったような場合は、殺意が否定され、過失致死罪や傷害致死罪の適用が考えられます。

3 弁護方針

被告人が、事実関係を認めている場合は、主に情状面に絞った弁護活動となります。
他方、事実関係を否認する場合は、殺意や因果関係の有無、正当防衛を争うことが考えられます。
殺意があったか否かは、本人の心の中のことなので、厳密には本人にしかわかりません。もっとも、客観的状況(傷の部位、程度、凶器の種類、用法、動機の有無、犯行後の言動等)を総合的に検討することで、殺意の有無を認定できることがあります。
殺意が否定され、傷害致死罪となれば法定刑が3年以上の有期懲役であるのに対し、殺人罪であれば死刑又は無期若しくは5年以上の懲役と一気に重くなるため、この認定は慎重になされる必要があります。

傷害

1 法定刑

十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金(刑法204条)

2 どのような罪か?

傷害罪は、他人の身体に対する傷害行為を処罰する犯罪です。例えば、人を殴って怪我をさせたというのが傷害罪の典型例です。もっとも、法律上は、怪我をさせる行為だけでなく、嫌がらせの電話によって相手方をノイローゼにさせるとか、故意に病気を移すような行為も傷害罪に該当することになります。

3 弁護方針

被害者との示談交渉が重要です。
起訴される前の段階で示談が成立すれば、不起訴処分となることもあります。起訴後であっても、示談が成立していれば、量刑に大きく影響してきます。示談金の相場は、あってないようなものですが、交通事故の場合の慰謝料+αになることが多いようです。交通事故の場合は、事例が多く、おおよその相場が決まっています。もっとも、交通事故は過失による傷害ですが、傷害罪の場合は、故意によるものですので、多少の増額はやむを得ません。
また、事実関係を否認する場合は、収集した客観的証拠に基づき、本人の供述が真実であることを捜査機関や裁判所に対して主張・立証していくことになります。

無料相談のご案内

初回30分以内無料

当事務所の法律相談は、地域の皆さまにお気軽に相談していただけるよう、初回30分以内、無料 です。 相談時間が30分を超えた場合は、以後30分ごとに、5400円をお支払いいただきます。

年1回の法律相談無料

リブレネットに加入された方は、相談時間に関わらず、年1回の法律相談が無料となります。

法律相談料の援助

法律相談料のお支払いが困難な方は、法テラスという国の機関を利用して法律相談料の援助を 受けることができる場合があります。
※法テラス相談利用可能の場合、弁護士特約利用可能の場合等、他の制度により相談料の支給を受けられる場合は、各制度の相談料を優先します。 ※交通事故の被害に遭われた方は、弁護士特約付きの保険に加入されている場合、 保険から法律相談料の支払いを受けることができます(詳細は保険会社にご確認ください)。 ぜひ、お気軽にご利用ください。

PAGE TOP

弁護士法人リブレのご案内 事務所アクセス情報

岡崎主事務所

〒444-0875
愛知県岡崎市竜美西2丁目1番地12 やすらぎビル
TEL:0564-54-2273 FAX:0564-54-2274

半田 事務所

〒475-0857
愛知県半田市広小路町16 知多半田ステーションビル4階
TEL:0569-84-3489 FAX:0569-32-8353

名古屋 事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区 丸の内3丁目6番41号 DDSビル6階
TEL:052-953-7885 FAX:052-953-7884

一宮 事務所

〒491-0917
愛知県一宮市昭和1丁目2−15
TEL:0586-47-7724 FAX:0586-47-7725