MENU

罪名別ご案内 2.交通事故

自動車運転過失致死傷

1 法定刑

七年以下の懲役若しくは禁固又は百万円以下の罰金(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律5条)

2 どのような罪か?

自動車の運転中に不注意により交通事故を起こし相手に怪我をさせた、あるいは、死亡させた場合に成立する犯罪です。ひき逃げの場合には、自動車運転過失致死傷罪に加えて、道路交通法上の救護義務違反や報告義務違反の罪に問われる場合もあります。
他の犯罪と異なり、ごく普通の会社員が、わざとではないのに突然逮捕され人生が一変してしまうという、恐ろしい犯罪です。
また、結果の重大性から、厳罰化傾向にあります。近年、危険運転致死傷罪が新設されるなど、悪質な事件に対する処罰要請は高まっています。

3 弁護方針

被害弁償の有無が大変重要です。
不注意があったとはいえ、わざと犯した犯罪ではないですから、被害を被った側が許しているのであれば、処罰要請が低くなるからです。
保険会社と話がついている場合でも、さらに見舞金等を被害者に支払うと有利な事情として考慮されます。また、被害者が示談に応じない場合は、贖罪寄付といって、交通事故の被害者を支援する団体等に寄付をするという方法もあります。
さらに、被害者が死亡している場合は、葬儀や墓参りに出向くと有利な情状となります。もっとも、被害者の心情に配慮して慎重に対応することが必要です。

他にも、過失の程度、飲酒していたか、制限速度違反、交通違反歴などの要素は量刑を決める上で重視されます。

他方で、過失が認められない場合は、犯罪が成立しないため、運転状況や被害者の動き、現場の状況等を詳しく調査して、過失がなかったことを主張・立証していくことになります。

無料相談のご案内

初回30分以内無料

当事務所の法律相談は、地域の皆さまにお気軽に相談していただけるよう、初回30分以内、無料 です。 相談時間が30分を超えた場合は、以後30分ごとに、5400円をお支払いいただきます。

年1回の法律相談無料

リブレネットに加入された方は、相談時間に関わらず、年1回の法律相談が無料となります。

法律相談料の援助

法律相談料のお支払いが困難な方は、法テラスという国の機関を利用して法律相談料の援助を 受けることができる場合があります。
※法テラス相談利用可能の場合、弁護士特約利用可能の場合等、他の制度により相談料の支給を受けられる場合は、各制度の相談料を優先します。 ※交通事故の被害に遭われた方は、弁護士特約付きの保険に加入されている場合、 保険から法律相談料の支払いを受けることができます(詳細は保険会社にご確認ください)。 ぜひ、お気軽にご利用ください。

PAGE TOP

弁護士法人リブレのご案内 事務所アクセス情報

岡崎主事務所

〒444-0875
愛知県岡崎市竜美西2丁目1番地12 やすらぎビル
TEL:0564-54-2273 FAX:0564-54-2274

半田 事務所

〒475-0857
愛知県半田市広小路町16 知多半田ステーションビル4階
TEL:0569-84-3489 FAX:0569-32-8353

名古屋 事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区 丸の内3丁目6番41号 DDSビル6階
TEL:052-953-7885 FAX:052-953-7884

一宮 事務所

〒444-0875
愛知県岡崎市竜美西2丁目1番地12 やすらぎビル
TEL:0586-47-7724 FAX:0586-47-7725