MENU

遺留分とは

遺留分とは

遺留分とは、相続に際して一定の相続人(配偶者、子、親)が、相続財産のうち法律上取得することが保障されている部分のことです。

遺言者は、生前に遺言書を作成することによって、残していく遺産を自由に処分できます。そのため、全ての遺産を相続人以外の人に渡すという遺言書を作成することもできます。
しかし、遺留分にあたる部分は、相続人から請求があれば、相続人に渡さなければいけません。遺産のうち遺留分については、遺言者の自由にはできないのです。

このように、相続人のうち「配偶者・子・親」には、遺産の一定部分を相続できる権利が遺留分として認められています。
相続人に対して相続財産によって生活の保障をする必要を考えて、この「遺留分」という制度が規定されています

遺留分に問題のある遺言書でも、誰も遺留分を請求しなければ、そのまま決まってしまいます。

遺言によって遺贈を受けた人に対し、遺留分の権利者が「遺留分減殺請求」を行った場合、遺留分の範囲で遺贈は効力を失うことになります。
遺留分減殺請求によって、相続財産に属する不動産や金銭などの返還を請求することができます。

遺留分の割合と滅殺請求

遺留分が認められているのは、被相続人の配偶者、子及び親だけで、兄弟姉妹にはありません。
遺留分の割合は、原則相続分の2分の1、父母だけのとき、相続分の3分の1です。
遺留分は、自動的に認められるわけではありません。遺言で遺留分を侵害されていることを知ったときは、「遺留分の減殺請求」をする必要があります。
遺留分の減殺請求は相続から1年(遺留分の侵害を知らなかった場合は、知った時点から1年)で消滅します。
遺留分減殺請求は、相手方に対してその意思を表示するだけで効力を生じますが、相手方が応じない場合は、家庭裁判所の調停や審判、場合によっては民事訴訟に持ち込まれることもあります。

無料相談のご案内

初回30分以内無料

当事務所の法律相談は、地域の皆さまにお気軽に相談していただけるよう、初回30分以内、無料 です。 相談時間が30分を超えた場合は、以後30分ごとに、5400円をお支払いいただきます。

年1回の法律相談無料

リブレネットに加入された方は、相談時間に関わらず、年1回の法律相談が無料となります。

法律相談料の援助

法律相談料のお支払いが困難な方は、法テラスという国の機関を利用して法律相談料の援助を 受けることができる場合があります。
※法テラス相談利用可能の場合、弁護士特約利用可能の場合等、他の制度により相談料の支給を受けられる場合は、各制度の相談料を優先します。 ※交通事故の被害に遭われた方は、弁護士特約付きの保険に加入されている場合、 保険から法律相談料の支払いを受けることができます(詳細は保険会社にご確認ください)。 ぜひ、お気軽にご利用ください。

PAGE TOP

弁護士法人リブレのご案内 事務所アクセス情報

岡崎主事務所

〒444-0875
愛知県岡崎市竜美西2丁目1番地12 やすらぎビル
TEL:0564-54-2273 FAX:0564-54-2274

半田 事務所

〒475-0857
愛知県半田市広小路町16 知多半田ステーションビル4階
TEL:0569-84-3489 FAX:0569-32-8353

名古屋 事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区 丸の内3丁目6番41号 DDSビル6階
TEL:052-953-7885 FAX:052-953-7884

一宮 事務所

〒444-0875
愛知県岡崎市竜美西2丁目1番地12 やすらぎビル
TEL:0586-47-7724 FAX:0586-47-7725