MENU

相続発生後の対策

遺産分割の方法

遺産の相続の方法は、法律で原則が決められています。簡単に言うと、
① 遺言があれば、遺言通りに相続する
② 遺言がなければ、法定相続分通りに相続する
ということです。
しかし、実際に相続が発生した場合、遺言書があっても、遺言書に遺産の一部しか記載されていない場合もあります。遺留分の請求があるかもしれません。遺言書がない場合に、法定相続分どおりに分けることについて不平や不満が出てくることもあります。
これらの遺産分割問題を解決する方法は、以下の流れになります。

①遺言があるとき

遺言があるときは、遺留分減殺の請求あるいは請求を受けての対応
減殺請求通知、調停や裁判 

②遺産分割協議

当事者(もしくは代理人弁護士)による交渉
↓交渉がまとまらない

③家庭裁判所での遺産分割の調停と審判

調停不成立の時は引き続き審判

遺言書の内容に納得できない時(遺留分の減殺請求)

たとえば遺言書に極端に偏った相続の指定等が示されるなど、遺言書の内容に納得できない場合には、被相続人の死後1年以内に限り、本来相続者が最低相続できる遺産割合(遺留分)の減殺請求を行うことができます。
遺留分について(相続人全体での遺留分)法定相続分の1/2が遺留分として認められます。実施の割合については、相続人の人数等によって変わってきます。
★ただし、被相続人の兄弟姉妹には遺留分は認められていません。

無料相談のご案内

初回30分以内無料

当事務所の法律相談は、地域の皆さまにお気軽に相談していただけるよう、初回30分以内、無料 です。 相談時間が30分を超えた場合は、以後30分ごとに、5400円をお支払いいただきます。

年1回の法律相談無料

リブレネットに加入された方は、相談時間に関わらず、年1回の法律相談が無料となります。

法律相談料の援助

法律相談料のお支払いが困難な方は、法テラスという国の機関を利用して法律相談料の援助を 受けることができる場合があります。
※法テラス相談利用可能の場合、弁護士特約利用可能の場合等、他の制度により相談料の支給を受けられる場合は、各制度の相談料を優先します。 ※交通事故の被害に遭われた方は、弁護士特約付きの保険に加入されている場合、 保険から法律相談料の支払いを受けることができます(詳細は保険会社にご確認ください)。 ぜひ、お気軽にご利用ください。

PAGE TOP

弁護士法人リブレのご案内 事務所アクセス情報

岡崎主事務所

〒444-0875
愛知県岡崎市竜美西2丁目1番地12 やすらぎビル
TEL:0564-54-2273 FAX:0564-54-2274

半田 事務所

〒475-0857
愛知県半田市広小路町16 知多半田ステーションビル4階
TEL:0569-84-3489 FAX:0569-32-8353

名古屋 事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区 丸の内3丁目6番41号 DDSビル6階
TEL:052-953-7885 FAX:052-953-7884

一宮 事務所

〒444-0875
愛知県岡崎市竜美西2丁目1番地12 やすらぎビル
TEL:0586-47-7724 FAX:0586-47-7725