MENU

損害賠償義務を負う者

損害賠償義務を負う者

交通事故による損害賠償義務を根拠づけるのは、以下のような法令です。

1 民法709条 不法行為責任

故意または過失により、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害したものは、その損害を賠償する責任を負います。
交通事故車両の運転者は、追突被害者などの無過失事案を除いては、本条による損害賠償義務を負います。

2 民法715条 使用者責任

事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行において第三者に与えた損害を賠償する義務を負います。
従業員が仕事中に交通事故を起こした場合などには、事故の被害者に対し、使用者も賠償責任を負うことになります。

3 自動車損害賠償保障法3条

(1)「自己のために自動車を運行の用に供する者」は、その運行によって被害者に生じた人的損害を賠償する義務を負います(この法律からは、物的損害についての賠償義務は生じません。)

(2)「自己のために自動車を運行の用に供する者」とは、事故を起こした車について「運行支配」と「運行利益」が属する者とされています。
運転者はもちろん、車の所有者などがこの運行供用者に該当しうると考えられます。(もっとも、泥棒された車両の場合は、盗まれた時点で運行を支配しているとはいえず、本条の責任を負わない可能性が高いと思われます。)

4 国家賠償法2条

道路等の公の営造物の瑕疵により事故が発生した場合、それを管理する国又は公共団体が損害を賠償する義務を負います。

無料相談のご案内

初回30分以内無料

当事務所の法律相談は、地域の皆さまにお気軽に相談していただけるよう、初回30分以内、無料 です。 相談時間が30分を超えた場合は、以後30分ごとに、5400円をお支払いいただきます。

年1回の法律相談無料

リブレネットに加入された方は、相談時間に関わらず、年1回の法律相談が無料となります。

法律相談料の援助

法律相談料のお支払いが困難な方は、法テラスという国の機関を利用して法律相談料の援助を 受けることができる場合があります。
※法テラス相談利用可能の場合、弁護士特約利用可能の場合等、他の制度により相談料の支給を受けられる場合は、各制度の相談料を優先します。 ※交通事故の被害に遭われた方は、弁護士特約付きの保険に加入されている場合、 保険から法律相談料の支払いを受けることができます(詳細は保険会社にご確認ください)。 ぜひ、お気軽にご利用ください。

PAGE TOP

弁護士法人リブレのご案内 事務所アクセス情報

岡崎主事務所

〒444-0875
愛知県岡崎市竜美西2丁目1番地12 やすらぎビル
TEL:0564-54-2273 FAX:0564-54-2274

半田 事務所

〒475-0857
愛知県半田市広小路町16 知多半田ステーションビル4階
TEL:0569-84-3489 FAX:0569-32-8353

名古屋 事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区 丸の内3丁目6番41号 DDSビル6階
TEL:052-953-7885 FAX:052-953-7884

一宮 事務所

〒491-0917
愛知県一宮市昭和1丁目2−15
TEL:0586-47-7724 FAX:0586-47-7725